ビアハウス Beer Server Clubのメリット、デメリット

本格的な世界のドラフトビールをあなたのご家庭に。

「Beer Server Club」 はビアハウスが提供するドラフトビール提供サービスです。

近未来的なビールサーバーがおしゃれですね~。

ここでは、「 Beer Server Club」 のメリット、デメリットを解説していきます。


ビアハウス Beer Server Clubのメリット

  • 8 Lの大容量
  • 世界のドラフトビールが楽しめる
  • メンテナンスがとっても簡単
  • 継続すればするほどお得に


Beer Server Club の最大の特徴は、世界のドラフトビールが自宅で楽しめることですね。

選べる銘柄は 4 種類。

  • エーデルワイス(オーストリア)
  • デスペラードス(フランス)
  • タイガー   (シンガポール)
  • アフリゲム  (ベルギー)


世界の数あるビールの中から選りすぐりの 4 種類ですね。


独自に開発された専用の樽は 8 Lの大容量!

開栓後の賞味期間も約 21 日間、鮮度を保ったまま最後まで楽しむことができます。


チューブ一体型の樽で飲み終わるまで洗浄不要。

メンテナンスもとっても簡単ですね。

by ビアハウス


しかも継続すればするほどビール料金が割引!

7 ヶ月目から 5 %OFF、13 ヶ月目から 10 %OFFになります

ビアハウス Beer Server Clubのデメリット

  • ビールサーバー本体が重い
  • 8 Lの大容量


Beer Server Club のビールサーバーの重さは約 17 Kgあります。
電子レンジと同じくらいですね。

そのため、場所を決めて設置したらほとんど移動することはないでしょう。

庭でバーベキューするときなど、簡単に持ち運びすることができませんね。


メリットのほうでも「 8 Lの大容量」と書いていますが、
かえってデメリットになってしまう場合もあるかもしれません。

あまり飲まれない方にはおすすめできるプランではありませんね。




選べるコース

コース 基本料金 ビール料金 届くビール 月額料金
月 1 本コース3,190円10,670円8L樽1本13,860円
月 2 本コース 3,190円 21,340円 8L樽2本 24,530円

選べるコースはふたつ。

毎月 8 Lのビールが届くため料金的に高く見えますが、
1 Lあたりの単価はキリン、アサヒとほぼ同じです。


ビールサーバーがある生活


ビアハウス Beer Server Clubのメリット、デメリットを解説してきました。

自宅にビールサーバーがある生活を想像してみてください。

一日がんばった自分へのご褒美に・・・
週末だけのちょっとした贅沢に・・・

ホームパーティーに・・・


いつもよりワンランク上のリッチで特別な時間が過ごせます。

友達を招いて自慢したくなりますねー。

新しい生活スタイルに変わりつつある今、家飲みをもっと楽しみましょう!

ビアハウス

KIRINホームタップのメリット、デメリット

ASAHIドラフターズのメリット、デメリット

DREAMBEERのメリット、デメリット

最新情報をチェックしよう!